HOME ≫ 杭抜き工法

杭引抜き工法(低振動大口径大深度既存杭引抜き工法)

<工法概要>

ケーシングオーガ掘進機(減速機)に特殊ケーシングを取付けその回転と先端の超硬チップおよび、
高圧ウォータージェットカッター併用により既存杭と土の摩擦を切って杭を低振動で引抜きます。

引抜いた直径2,800mmの拡底杭です。
きれいに引抜かれた姿がご覧になられると思います。
杭が巨大であると同時に、杭先端がベル状に拡大しているので、引抜きには高度な施工技術力が要求されます。

φ3,000 L=25m 現場造成杭引抜き工事現場の様子

施工手順

①埋設杭の頭出し

引抜き杭の頭部をバックホーで掘削します。
杭頭部を50cm程度露出させます。

② ケーシング建込み

重機械組立後、敷鉄板等を設置し転倒防止に充分注意しながら、ケーシングをセットします。

③ ケーシング削孔

ウォータージェットを併用でケーシングを回転させながら挿入し、既存杭の先端まで削孔します。

④ ケーシング引上げ

杭に挿入したケーシングを引抜くことにより、杭周辺摩擦がほぼなくなります。

⑤ ワイヤーセット

杭頭部分にワイヤーをセットし締め付けます。2本以上の継杭もしくは、途中挫屈されている杭には、ケーシングを用いて下杭にワイヤーをセットします。

⑥ 杭引抜き・埋戻し・破砕解体

ワイヤーを巻き、上杭の杭を引抜きます。
継杭の場合は、引上げ途中で上部杭を圧砕又は溶断にて切り離したのち下杭を引抜き完了とします。
※ 埋戻しは、山砂や砕石等で行いますがセメントベントナイトによる充填も可能です。
※ 現場状況により、合判クレーンを使用することもあります。

▲ページトップへ戻る