HOME ≫ 鋼管矢板工事

鋼管杭中掘り工法(FB9 工法・TBS 工法)

中掘り拡大グラウト根固め工法です。
(財)国土開発技術センターより道路橋示方書規定の中掘り杭と同等以上の支持力を有することが認められました。

FB9工法は、全国の基礎工事専業者(Foundation Builders 9)が長年蓄積した施工技術とノウハウを結集した新しい杭施工法です。

<全基連工法の特長>
高支持力、低騒音、高耐震性、低コスト、低振動

財団法人国土技術研究センターによる審査証明書(PDF)

ミニオーガ(狭隘現場・低空間施工)

日本ベース所有の油圧小型三点式杭打機は、折りたたみ式リーダを採用。
強力な掘削から長尺杭の圧入まで、安定性の高い作業を、能率よくスピーディーに行えます。

ショートリーダ

高速道路の拡幅部基礎、高圧線下など上空制限がある場合、ステージの重量制限がある場合に活躍します。

ダブルオーガ

ダブルオーガオーガの駆動装置には、強靭なトルク、的確な作動が要求されます。地盤が固い場合には駆動部を2つ搭載したダブルオーガを使用できます。

打撃工法 油圧ハンマー打撃工法

ハイシンクハンマは、市街地や密集地での杭打ち作業を円滑に行うためには不可欠のマシン。低騒音に加えて、ディーゼルハンマのような油煙の飛散がなくクリーン作業を実現。しかも、各種公害対策工法に勝る支持力が得られます。

油圧ハンマ仕様

駆動方式 油圧シリンダ式 ハンマ型式 HNC4
ラム重量 14.0t 最大ラムストローク 1.2m
毎分打撃回数 18 ~ 70 回/ 分 打撃エネルギー 16,800kg-m
ハンマ重量 22.6t ガイド中心の距離 600mm
打撃方向 鉛直 適用パイル コンクリート杭:.φ500 ~φ1,000
鋼管杭:φ500 ~φ1,200

▲ページトップへ戻る