鋼管矢板工事

HOME ≫ 鋼管矢板工事

鋼管矢板中掘り工法(中掘りバイブロ併用圧入工法)

施工現場が直面する課題はそれぞれ違うもの。現場の課題を解決するのは、技術・経験と共に、優れた保有機械です。

このCE-80Vは、鋼管矢板中掘り圧入中にジャンクション部の過度な摩擦が生じた場合、修正対応が可能な画期的なマシンです。

施工精度が要求される鋼管矢板中掘り工法に力を発揮します。中掘りとバイブロの併用工法なので、ハンマー工法やバイブロ単独工法に比べ、低騒音・低振動です。杭先端はグラウト注入・最終油圧ハンマーのどちらも対応可能です(写真1)。
鋼管矢板の水上施工にも対応できます(写真2)。

また、大深度の杭施工において、現場条件等により1日の作業時間内に1本の基礎杭を所定深度まで沈設不可能な場合、通常、翌日の施工では杭にかかる土圧が復旧し、杭がそれ以上入らなくなるという事態が生じていました。しかし、CE-80Vなら翌日でも、一度摩擦を低減させた後に引き続き、中掘りにより所定支持層まで圧入することが可能です。

CE-80V 仕様

偏心モーメント 2,650kgf-cm 振動数 1,300C.D.M
起振力 50.1tonf 全体質量 13,600kg
振動質量 10,600kg 空転時の振幅 2.5mm
空運転時の加速度 4.7g モーター出力 30×2=60kw
アブソーバ全荷重 50tonf
私たちの技術が紹介されています!

鋼管矢板中掘り工法(中掘りバイブロ併用圧入工法)を利用した私たちの大深度施工が業界新聞で紹介されました。

PDFファイルで閲覧する≫

土木基礎工事(杭打ち工事)

道路、橋梁、鉄道路線や高速道路などの土木構造物をはじめとした、インフラストラクチャーの整備拡充や都市再開発などの建築構造物は、全ては地中に、より強固な基礎を築くことから始まります。

私たちはより深く、より正確に杭を打ち込むことにより、頑丈な基礎を築くことが可能です。その技術はゼネコン様やサブコン様、工事コンサルティングを行う多くの企業、専門家の方から評価されています。

沈設する杭の高さと変位をきれいに揃えることが重要であり、施工上難しい点でもあります。

写真でご覧のとおり、日本ベースは杭の高さと変位をきれいに揃えるために細心の注意を払って施工しております。

▲ページトップへ戻る