HOME ≫ 交通網を支える日本ベース株式会社

日本の交通網を支える正確な杭打技術

道路、橋梁、鉄道路線や高速道路などの土木構造物をはじめとした、インフラストラクチャーの整備拡充や都市再開発などの建築構造物は、全て地中に強固な基礎を築くことから始まります。
昭和44年の創業以来、中掘り工法を主体に鋼管杭・コンクリート杭の施工をリードしてきた日本ベース。中掘り工法(FB9工法)の土木認定取得によって、土木現場の施工においても、今まで培った技術とノウハウを傾注しています。
優れた施工技術に裏付けされた新工法による鋼管杭施工は、ゼネコン各社より高支持力、低公害、低コストとの高い評価をいただいております。

地中障害物撤去、杭抜き工事にも対応

わが国は、戦後急速な発展が進み積極的な公共投資が行われ、豊かな国土形成がなされてきました。
そして、多くの公共施設等の各種構造物が構築されましたが、残念ながら時代と共に各種構造物が老巧化し、改修・撤去・新設等が必要な時代となりました。
そうしたなか、新設杭に支障をきたす既存基礎杭の撤去をする工事も必要になってきています。
私たちは国内でも数少ない技術の髙さを誇り、大規模な下部構造物や杭を低振動低騒音にて撤去、引抜しています。

海外での評価、事業展開

私たちの技術、工事の精度は海を渡った海外の方の耳にまで届くようになりました。
今までにも近隣アジア諸国の高速道路建設や港湾の工事における地盤工事をお手伝いしておりました。今後はより積極的に海外での工事も行えるように海外事業部を設立し、私たちの技術を提供していくことを目指しています。

▲ページトップへ戻る